応援お願い致します⇒人気ブログランキング
応援お願い致します⇒人気ブログランキング

バクマン 11〜20

サイコーは祖父から叔父が使っていた仕事場を譲り受け、 シュージンとともにそこに籠って処女作の執筆に専念す る。そんな中で手塚賞に準入選した新妻エイジが同年代 であることを知りライバル視する。やがて二人三脚で苦 労しながらも完成した初作品を、ジャンプ編集部に持ち 込んだ二人は敏腕編集者・服部哲と出会い、漫画家とし ての資質を認められる。 そしてジャンプの主流ではない“邪道”の作風という方 向性を見出し、「亜城木夢叶」のペンネームで活動する ことになった二人の漫画が『赤マルジャンプ』へ掲載さ れた。その後も自分たちの方向性に迷いながらも、新妻 エイジとの邂逅、コンビ解散の危機を経て、ジャンプで の連載を勝ち取った二人は、様々な苦境に見舞われなが らもジャンプの連載作家としての道のりを歩んでいく。 【ウィキペディア引用】
バクマン(11) バクマン(12) バクマン(13) バクマン(14) バクマン(15)
バクマン(16)

バクマン 1〜10

マンガの庭トップへ

PR 宇宙戦艦ヤマト
【バクマン 小畑健/大場つぐみの最新記事】