応援お願い致します⇒人気ブログランキング
応援お願い致します⇒人気ブログランキング

進撃の巨人 12巻 諫山創


突如現れた多数の巨大生物「巨人」の侵攻により、人類は存亡の危機に瀕する。生き残った人間達は、
三重に築かれた巨大な城壁内側に生活圏を確保することで、一時的な安全を得るに至った。

城壁による平和を得てから約100年後。城郭都市の外縁地区「ウォール・マリア」南端より突出した
シガンシナ区にて、父・グリシャと母・カルラ、幼馴染のミカサと暮らす少年エレンは、親友アルミン
と共に、幼い頃から「壁の外に出て世界を探検すること」を夢見ていた。

エレンが10歳を迎えた年、突如として現れた「超大型巨人」によりシガンシナ区の壁が破られ、多数の
巨人が市街地に侵入する。アルミンの機転で助かったエレンとミカサだったが、2人の眼前で母・カルラ
は捕食される。ウォール・マリアは放棄され、ほかの難民と一段内側の「ウォール・ローゼ」内へ避難
するエレンは、巨人の駆逐を心に誓う。壁の崩壊から2年後、エレン、ミカサ、そしてウォール・マリア
奪回作戦の失敗で両親を失ったアルミンの三人は、第104期訓練兵団に入団し、対巨人戦闘術を学んでい
く。

【ウィキペディア引用】


進撃の巨人 12巻
 エレンがライナー、ベルトルトに誘拐される。ライナーとベルトルトの目的は何なのか?ユミルも巨人になれ
 るが、ライナー達の仲間ではないようだ・・・。
 座標とは?壁教が隠している事実とは?
 そんな中、調査兵団のエルヴィン団長がエレン奪還の指揮をとり、ライナー達に迫るが・・・。



登場人物等


エレン・・・主人公。巨人に母を目の前で捕食され、巨人を憎む。自身が巨人になることができる

ミサカ・・・エレンの幼馴染。身体的能力が高い。

アルミン・・・エレンの幼馴染。頭が良い


エルヴィン団長・・・調査兵団の団長。

リヴァイ兵長・・・調査兵団のエース。


ライナー・・・鎧の巨人と呼ばれている巨人になれる。

ベルトルト・・・超大型巨人と呼ばれる巨人になれる。

アニ・・・女型の巨人と呼ばれる巨人になれる。

ユミル・・・小型だがすばやい巨人になれる


マンガの庭トップへ


【進撃の巨人 諫山創の最新記事】